SSブログ
ツーリング ブログトップ
前の10件 | -

路の先にあるもののつづきはここから [ツーリング]


長らくのご乗車ありがとうございました

終着駅となりましたので

乗り継ぎのご案内でございます。

(容量を使い切ったとも言う)

秘密結社.jpg

マニアックな場所が好きな方は

隧道の中へお進みください。



そうでは無い方も

こちらかお入りください→【路の先にあるもの2



引き返すことは禁止です。


nice!(92)  コメント(3) 
共通テーマ:バイク

周防大島ツーリング [ツーリング]



やっと「ツーリングしたぞー」と

心身ともに実感できたツーリング。


s2.JPG


走ると風が冷たそうだけど最高気温は14℃で晴天予報だったため

今日は銀ガメ号さんで本州へ。


s1.JPG

九州から出る時に寄る

定番のめかりPA。



トイレ休憩をしたら

九州とお別れ。

1.JPG


山口JCTより山陽道に入って熊毛ICから一般道を走ります。


2.JPG

のどかー。



玖珂町に入ったところで

デッカイ輪っかを発見。

s4.JPG


桜つづみ公園にある赤い輪っか。


s3.JPG


なにか意味のあるオブジェなんだろうけど

ここは目的地でもないのでこのまま通り過ぎちゃう。



R437

3.JPG


山口県らしい夏みかんカラーのガードレールを

見ながらしばらく走って周防大島大橋を渡るー。


4.JPG


怖くて景色を見る余裕が無いため

渡ったところで停まって橋を眺めよう。


s5.JPG

う~ん、美しい橋だ。



島を時計周りで回るルートで走って

海が見えるガソリンスタンドで銀ガメ号さんに給油。

5.JPG


途中で給油せず家まで帰れるようにギリギリまで

満タンにしたら島の道のつづき。


6.JPG


周防大島の真ん中くらいまで走ったら

わたしの目的地。



乗って入れないため

押して到着。


s9.JPG


最後のスロープ状の坂道を勢いつけて

登らないと押せないくらいきつかったけど

無事に魔法陣に着いたよ。


990-1.JPG


わたしが巡ってきた響ホイホイの中で

飛びぬけた美しさだ。


990-2.JPG


ヤシの木があるため太平洋っぽく見えるけど

瀬戸内海だし。


990-3.JPG

美しい響ホイホイからは

干潮の時に歩けるエンジェルロードも見えました。

s10.JPG

何人か歩いてるみたい。



響ホイホイからは再び銀ガメ号さんを通りまで押したら

エンジンを掛けて先へ。

7.JPG


しばらく目的地もありませんが

この海を見ながら走るのが目的なのよ。


8.JPG

気持ちいいー。



潮風が天気予報より冷たくてインナージャケットは着たままですが

海の青さはもう冬じゃない事を告げている。

9.JPG


海水温が低いためか透明度が半端ねー。


s11.JPG


瀬戸内海じゃないみたいに見えるけど

波の無さは瀬戸内海らしいと感じるところ。


10.JPG


島の先端に近づいたところにある

筏八幡宮。


s12.JPG


小さな神社だけど

境内には赤い鳥居のトンネルがありました。


s13.JPG


神社からはまた海三昧。


11.JPG


島の中腹にはオレンジロードが通っていますが

路面があまり綺麗じゃないため

必然的に周防大島を走る時は海沿いの道ばかりになっちゃいます。


s14.JPG

でも海ばかりでも飽きないんだよなー。



カーブを曲がるとまた違う島が見えて来る

多島美を楽しめる。

12.JPG


島の先端の手前から

島の南岸へ入って折り返し。



するとこっちにもヤシの木。


s15.JPG

片添ヶ浜。


島の南岸は細い箇所もあって

島らしい道が増えてくる。

13.JPG

個人的に飛ばしたいわけでも無いため

ずっとこんな道で良いのにと思っちゃう。


で、細い道を安全運転で楽しんでると

この時期にこの島へ来た理由がわかる場所に到着。

s19.JPG


フライングで花見を楽しませてくれる河津桜。


s16.JPG


けっこうな本数があるエリアですが

木で咲き方にバラツキが大きくて

絶景とまではいかないかな?



でもずっと冬らしい色の無い季節を過ごして来たため

このピンクは嬉しい。


s17.JPG

ちょっと見にくいけど

桜の背景が海って言うのが最高。

s18.JPG

念願の「バイクと桜」も撮ったら

先へ進みますがちょっと走った所にある

厳島神社の海中鳥居。

990-4.JPG


お隣の県にある本宮の宮島と同じ形の鳥居だけど

海の色が違いすぎる。


s21.JPG


鳥居から島の後半。


14.JPG

海沿いの楽しいクネクネ道を

堪能していると石積みの段々畑が美しい

水仙の里。

s22.JPG


脇に銀ガメ号さんを停めて

ヘルメットのシールドを開けると

甘い香りがするよ。


s23.JPG


綺麗に咲かせるため

管理してくれる方々に感謝しつつ

島の道を走ってる走りながらも寒緋桜や河津桜が楽しめました。


15.JPG


すこし高台からも

寒緋桜越しに海を楽しめるところもあります。


s24.JPG

桜に交じって緋梅系の真っ赤な梅も

咲いていてメジロも飛んでいました。

s25.JPG


こんな綺麗な島の風景を

楽しむ響とヒビッキーでありました。


s26.JPG

と、言う事で周防大島を一周したら

周防大島大橋を渡って帰路方向へ。

s27.JPG

車の少ないk151で

一気に内陸へ入っちゃう。

16.JPG

R437に合流し国道2号線まで一気に走ります。

17.JPG


少しだけR2を走ったら再びR376で

長閑な道を走ったら最後の目的地でございます。


s28.JPG

「飛龍八幡宮」



参道から本殿に向かってると

神々しいミヤマビャクシンが。

s29.JPG


すっごくかっこいいビャクシンの門を潜って

境内へ。


s43.JPG


可愛い飾りつけがされた

手水舎。



手を清めたら本殿へ。


s32.JPG

山口県でよく見る建築様式の拝殿です。

s33.JPG


しっかり参拝したら

神社見学開始。


s41.JPG


今年は龍にいっぱい会おうと言う

ツーリングコンセプト通りにここには龍がいっぱい。


s34.JPG

車に乗った赤い龍。



拝殿の左には青い龍。

s35.JPG

歯も髭もツンツンしてて痛そう。


ちょっと可愛い顔をした龍もいらっしゃる。

s36.JPG


拝殿の外の延命水の出る場所にも龍。

s40.JPG

何時ものように水神様と水が好きな河童の組み合わせ。



境内中央には私が一番見たかった龍があります。

s31.JPG

木彫りですが

何?この迫力!

s30.JPG

凄すぎるんですけどー。



龍のパワーを分けてもらったら

巨木のパワーも。


s37.JPG

飛龍八幡宮の御神木になっている

「大玉杉」

s39.JPG


かなり以前にこの神社に来てるはずだけど

もう忘れてるため初めて見る感動を味わっています。


s38.JPG


でっかい木の力を借りて

鹿野インターまで走って中国道。


18.JPG

塩カルで真っ白になった道をひた走って

本州最後のパーキングの壇ノ浦。

s44.JPG

関門海峡でマジックアワーを楽しんで

ガレージに帰還。

s45.jpeg

2月としては500km超えの

胸を張って「ツーリングしたぞ」と言える

距離を走れたツーリングでした。



では、まだ風が冷たい中

ご乗車頂きありがとうございます。

またのご乗車をお待ち申し上げます。



◆◇◆ Minorist Hibiki ◆◇◆




nice!(156)  コメント(44) 
共通テーマ:バイク

龍と河童ツーリング [ツーリング]



ずーーっと冬らしく冷たい雨が降ったり

低く暗い雲がいっぱいの日が続きましたが

やっと晴れて最高気温も私が勝手に決めている

「バイクに乗ってヨシ」の気温に達しそうなのでツーリング。

(バイクに乗って良しの気温=最高気温12℃以上・最低気温5℃以上)※晴天であることが条件

1.JPG

早起きして高速を使って遠くまで行くにはまだ寒いから

今日も相棒は茜ちゃん。



行先もすこしでも暖かい場所って事で

筑後川周辺の平野部を目指して朝倉から甘木方面で

適当に遊ぶつもり。


スタートして川崎町経由で小石原を目指すと

途中に前から気になっていたお稲荷さんへ寄り道。

r01.JPG

ビールケースさえも神社の一部に見えてしまう「真崎稲荷社」


今日のツーリングは辰年って事で

龍に遭うスポットも廻る予定だけど

流石にここはお狐様しかおらんかった。

r02.JPG


きちんと参拝した後は拝殿より気になっていた

山のてっぺんの赤い建物へ。


r05.JPG


登る階段にはちゃんと手すりも設置されて

親切だ。


r03.JPG


気になっていた建物は予想通り

展望所を兼ねた東屋でした。


r04.JPG

たぶんだけど

個人所有の神社かな?と思う雰囲気だったな。



では、赤い稲荷社から赤いバイクに戻って

ツーリングの続き。

2.JPG


中願寺川沿いを走って

何時もの小石原を越えたら

大分県との県境の駅でトイレ休憩。


r06.JPG

豪雨災害後に鉄道としての復興は叶わなかったけど

BRTとして存続したJR日田彦山線の宝珠山駅。


かつてレールのあった場所には

真新しいアスファルトの道。

r07.JPG

一般車が入らないように鉄道の時とは反対に

専用道側に遮断機が設置されてるよ。



BRTの整備と共に新しくなった

ホーム。

r09.JPG


木のベンチが温かみがあって良い。


r08.JPG


宝珠山駅から先は

大分県。


4.JPG

暫く走って筑後川に突き当たったらR386で再び福岡県。



夜明ダムの下流が

わたしの目的地なんだけど・・・

r26.JPG


渡りたかった潜水橋が夜明ダム解体工事のため

放流中で渡れずに眺めるだけになっちゃった。


r29.JPG

でもちゃんと撮り鉄もしてきたよ。

r27.JPG

誰も通らないためイタチが小走りに橋を渡ったりすのを眺めながら

列車を待つのも楽しい時間でした。

r28.JPG

JR久大本線を見送ったら

ぺったんこな平野部。

5.JPG


広大な平野から耳納連山の麓にかけて

果樹園だらけの風景が続く。


r30.JPG


実も葉もないけど

たぶんこれは柿の木。


6.JPG


こんな風景を見ながら平野部の縁部を走ると

龍がいっぱいの神社に到着。


r33.JPG

楼門好きなので過去にも来てる

須佐能袁神社。




前に来た時は楼門がメインで来てたため

楼門ばかり見てた気がするけどよく見ると屋根の瓦も立派。

r34.JPG


手水舎には当たり前のようにいらっしゃる龍。


r35.JPG

元栓開けは口から水が出る

おなじみの龍だね。

r36.JPG

神社の境内には可愛い実がぶら下がってる

マンリョウがいっぱいでした。



その須佐能袁神社の本殿。

r31.JPG


マイナーな神社ながら

やっぱり龍の彫刻がいっぱい。


r32.JPG


拝殿の真下から見上げると・・・


r37.JPG

龍? それとも天邪鬼?


こっちは龍・・・

r38.JPG

かと思ったけど足の感じから察するに

麒麟だよね。



それにしてもめっちゃカッコいい麒麟だ。


その隣は・・・

r1.JPG

間違うことなくこれは龍だな。


古くなった木の質感とか最高に好き。

7.JPG


宮大工さんの技術に見惚れる神社の後は

ちょっと緑の多い場所へ移動。


9.JPG

「山芭の道」


海沿いでは河津桜が咲き始める時期なため

山芭の道沿いの梅は満開。

r3.JPG

観賞用の梅はピンクが鮮やかで綺麗。


道を更に登るとちょっと

見晴らしいが良い場所もあるよ。

r2.JPG


花がいっぱいの時はバイクを降りて

散策しても楽しい場所だけど梅以外はあまり咲いてないので

国道まで下ってランチ。


10.JPG

日田じゃないけど隣町って事で

日田焼きそばの想夫恋。




御馳走様の後は再び果樹園は広がる平野部を走ります。

8.JPG


再び国道に出るところで

河童発見!




知らずに通ってたけど

これだけ居れば見落とすことはねーよ。


r5.JPG

「1日1河童」じゃなく

「1日うじゃ河童」

r4.JPG

石材店だけど

わたしが各地で見る河童たちの一部は

ここから派遣されているようだ。



更に走って筑後川沿いの快走路。

11.JPG


筑後川を渡ってやって来たのは

また神社でございます。


r6.JPG

恵蘇八幡宮だけど

龍の居場所ってやっぱり神社なんだよね。

r7.JPG

しかし本殿の方に凄い龍の彫刻があるわけでもなく

天井に干支の辰があるくらい。

r9.JPG

辰は東南かな?


r10.JPG

あ、額の裏に龍がおった。



境内には鳩じゃなくヤマガラ。

r12.JPG

なんかしゃべってる。



で、私が会いに来た

龍はこちら ↓

r13.JPG


三段の龍。



龍って怖い描写が多いけどこれは

なんか面白い。


r8.JPG


ヒビッキーとの相性もぴったり。


r14.JPG

同じ水に関係する生き物なので

違和感のない組み合わせだ。



では、そろそろ帰る方向に向かう前に

早春を感じれる場所にも寄って行きましょう。

r15.JPG

神社からすぐ近くにある

道の駅原鶴の菜の花畑。

r17.JPG

本格的な春に咲く菜の花と違って

野菜感いっぱいの品種が植えられている。

r16.JPG

なので黄色一色と言うより

葉っぱの緑もいっぱいの菜の花畑。



まだ花が少ない季節の中で

いっぱい花が咲いているため蜜蜂たちもこの時を待っていたかのように

無数に飛んでいました。

r19.JPG


可愛いなー。


r20.JPG

蜂を追ったら帰路へ。



帰り道で秋月方面へ走ってる途中に

古墳に上がれる場所の前を通ったので

最後の寄り道を。

12.JPG


柿畑の斜面を登ると

とんでもない急坂が出現。


13.JPG

先がどうなってるのかわかんないので

でっかい方のバイクじゃ絶対行きたくない奴だ。



今日は茜ちゃんなので登っちゃう。


最後までローギアで登ると頂上付近でダートとなり

頂上には東屋がありましたが

すこし戻ったところの方が眺めが良いみたいだ。

r21.JPG


ベンチもあるぞ。


r23.JPG


古墳の跡らしいけど

山頂部からは段々畑が一望できます。


r22.JPG


もちろん古墳の上では浮けちゃう。


r24.jpg


このまま浮いて家まで帰れますが

茜ちゃんを置いて帰るわけにはいかないので

エンジンを掛けて段々畑の道を下るよ。


r25.JPG


下山して秋月を通過して

八丁トンネルを抜けると冬らしい寒さに

包まれちゃう。


14.JPG


日中はポカポカだったのに

これが真冬の空気と思い出すくらい寒くなったぞ。


15.JPG


西日を浴びながらガレージに戻る前に

茜ちゃんに給油。


16.jpeg

久し振りにしっかり走ったツーリングでしたが

燃費も良い成績で楽しめた1日でした。



ではまだ寒い中

ご乗車いただきありがとうございました、

またのご乗車をお待ち申し上げます。





nice!(152)  コメント(34) 
共通テーマ:バイク

ビーチで珈琲ツーリング [ツーリング]



お久しぶりです。



生きてます。




絶賛冬眠中でございますが

すこし暖かく晴れ間を狙って茜ちゃんの充電もかねて

軽く走って来ました。


c1.JPG


2ヶ月ほどエンジンを掛けて無かったのに

一発で目覚める優等生な茜ちゃん。

(しかも2018年に買ってから一回もバッテリー交換してない)

c2.JPG


まだ春は遠いと感じる冬枯れした

河川敷に寄り道中。


c3.JPG


冷たいはずの小川には

浅くて水温がほかより高いためかメダカが泳ぎ

枯れた葦にはスズメがいっぱい。


c5.JPG

と、生き物好きなのでつい観察会になっちゃいますが

寄ったのは新しい橋脚の絵を見るため。

c4.JPG

令和5年度の中学の美術部が画いた壁画。


コンセプトは解らないけど

松本零士さんの出身地を感じる絵だな。



再びバイクに跨って田舎道。

c100.JPG

充電したいからなるべく信号の無い道を選んでいます。


周辺の田んぼは麦の栽培の準備のため

トラクターがいっぱいお仕事中。

c6.JPG

そのタイミングを逃さない者たちが。

c7.JPG

カラス属・猛禽類・サギ科・スズメ目など

野鳥のフードコート状態。

c8.JPG

掘り起こされたご馳走を待つ

イケメン3兄弟。



土の香のする田舎道から

しばらく走って潮の香のする道へ。

c101.JPG

定番の散歩ツーリングコースから

ちょっとだけ未知の道を散策。

c102.JPG

特に何処に抜ける道じゃないけど

見晴らしの良い道でした。

c9.JPG

宗像まで出たら海岸線へ。

c103.JPG


途中にまだ若い防風林があります。


c10.JPG


まだ間伐がされいなくて

樹が密なまま。


c11.JPG


夏ほど香らないけど

松の香って大好きなんだよ。


c104.JPG


再び信号の無い道を選んで

わたしのお気に入りの海岸へ向かいます。


c105.JPG


ガタガタ道を進んで到着。


c12.JPG


今日のランチはココとするっ。


c13.JPG

風化でカラフルになってしまった

廃船で食べるランチ。

c106.JPG


潮風で塩味の増したおにぎりで軽くお腹を満たしたら

食後のコーヒーの準備をしましょう。


c14.JPG


ヒビッキー監修の元

漂着物で即席の珈琲テーブルが出来ました。


c15.JPG


デザートの苺大福と

淹れたての珈琲で過ごす心地いい時間。


c107.JPG


暖かい日じゃないと出来ないランチでした。


c16.JPG


即席テーブルを片付けたら

楯崎へ移動。


c18.JPG

途中の海岸。


茜ちゃんが砂に埋まりそうだ。

c19.JPG

でも眺め最高。


もっといい眺めなのが楯崎からの眺め。

c17.JPG

冬なのに青い海。


では、目的の充電も珈琲も楽しんだので

帰りましょう。

c108.JPG


宮若を抜けて帰るルートの途中に

新幹線が見える丘でちょっと休憩。


c20.JPG

前後の駅が無いため

ほぼ最高速で駆け抜けます。

c21.JPG

軽く撮り鉄をしたら

引き続き冬眠すると思うのでしっかり給油して

ガレージへ。

c109.jpeg


意図せずぴったり100kmのツーリングでした。



では、また暖か日に会いましょう。



nice!(151)  コメント(42) 
共通テーマ:バイク

充電だけのつもりだったツーリング [ツーリング]



大阪のフェリーターミナルで

燃料漏れのトラブルからやっとガレージに戻って来た

銀ガメ号さんですがもう陽が短くて遠くへ行けない季節に

なっちゃったためどっこも行かないまま冬眠か?とも思いましたが

その前に充電のためだけのつもりでお昼前にお出かけ。


a100.JPG

筑前町の毎年恒例になっている巨大藁アートでも見て

適当に帰ってくるユルいプランで走り出すと

前になんだか見覚えのあるバイクが・・・



こんな変な時間にこんな道で?



信号のタイミングで並んでお互い頭を下げて挨拶。

a101.JPG


とのじん、なんでこんな時間に

こんな場所におるん?


a116.JPG


「充電ついでに巨大な藁の案山子を見に行こうと思ってた」と

理由もプランも丸被りやった(笑)



って事で一緒にお出かけすることに。


a103.JPG


桂川町を抜けルートを走りますが

初冬ながら秋らしい雲が綺麗。


a102.JPG


元の予報ではどんよりな曇り予報だったため

晴れてても雲は多め。


a104.JPG

白坂峠から夜須高原。

a2.JPG


メタセコイヤが綺麗だったので

ちょっと停まりまーす。


a1.JPG

標高高いのに

まだ落葉してなかった。



そんな紅葉を見ながら

峠を下ります。


a107.JPG


するとまた綺麗そうな場所を見つけてしまったため

停まりまーす。



充電が目的なので急ぐ理由もないし。


a8.JPG

初めて停まってみたけど

山の中なのに広くて良いところじゃないか。

a5.JPG


誰も居ないので

広場を自由に走れ回れました。


a3.JPG


しかも綺麗なもみじもあるぞ。


a4.JPG


無名のスポットなのに

すごく良い感じ。


a6.JPG


美しい紅葉の前で

仲良し撮影。


a7.JPG

なにか芽生えそうだ。


名も無き紅葉を見たら

夜須高原を下って筑前町。

a117.JPG


いつもの裏道で到着。



はじめは巨大案山子と言う名で始まったイベントですが

もう巨大アートになっていて今年は大仏様でした。


a11.JPG


インパクトに欠けますが

藁であってもつい合掌してしまいそうだ。



良く見ると目の中はどうも

夜になると光りそうな予感も。


a9.JPG


台の蓮の花も表現されているし

お釈迦様らしい螺髪もしっかり作りこまれています。


a14.JPG


それと歴代の案山子の生首も

まだ健在。


a10.JPG


去年のティラノサウルスの頭と

おととしの鶏の頭。


a13.JPG

こうして間近で見ると藁の造形も凄いけど

牙やクチバシを作ったのは地元の有志の中に

きっと材木を扱う業者がいるに違いないと思っちゃう。




では、見たかった藁仏を見たし

ハイタッチでお別れ。

a12.JPG

一人じゃ撮れない撮り方(笑)



プランだともうここで帰るところでしたが

お腹空いたのでわたしの好きな春日ロッジでランチにします。

a108.JPG


牧場の中にある可愛いレストラン。


a109.JPG


女子力高いわたしにぴったり。


a15.JPG

おっさん2人で

大好物のカレーを・・・

a16.JPG


生ハムサラダに

クリーミーなビーフカレー。


a17.JPG


とのじんは焼きカレー。


a18.JPG


オーナーさんもバイク乗りで

食後のコーヒーも美味しく頂き外に出ると

そこには巨大メロン。


a19.JPG


牧場の横にレーダードームがあるのが面白い場所だよ。


a110.JPG


でっかいメロンを見ながら

とのじんと次に向かう場所を相談。



うんうん、そこで決定。


a111.JPG


ドルルルーーと朝倉まで走ると

観光客がいっぱりいるのですぐに場所がわかるスポットへ。


a20.JPG

高校跡地の銀杏並木。


綺麗に色付いていますがもし一人で訪れていたなら人の多さを見て

間違いなくパスしてた場所でした。

a21.JPG

並木の銀杏も全部雄らしく

ぜんぜん臭くない。



なのでヒビッキーも喜んで寝れる。

a24.JPG


ヒビッキーで好感度を上げる作戦。


a25.JPG


並木の端っこでこうして遊んでると

周辺の人が少し減ったためバイクを

並べて撮っちゃう。


a23.JPG


いやーん、まるで

インスタグラムみたーい。




撮る人を撮る。

a22.JPG


行きたかった場所も行けて満足したので

まだ明るいけど帰りまーす。


だって充電できれば良かっただけの

ツーリングなんだし。


a112.JPG


最短で帰るのは味気ないため

秋月のびっくりする渋滞を横目に見ながら

八丁トンネルを抜けて入水から山の中の快走路。


a113.JPG


そのまま帰るつもりだったけど

途中にメタセコイヤがすごく綺麗だったため最後の寄り道。


a28.JPG

やはり普段と違う道を使うと

その季節ならではの発見ってあるものだ。

a26.JPG


乗り入れは出来ないため押して入らないといけないし

並木としてはショボイけど西日を浴びて

すごく素敵な色に輝いているじゃないですか。


a27.JPG


今年の紅葉巡りは耶馬渓→築城→夜須高原と

メタセコイヤが続くな。


a29.JPG

ここからは道なりに分かれると思うので

とのじんと解散の挨拶をしてバイパスで手を振りながらお別れ。



わたしは冬眠に備えて給油へ向かいます。

a114.JPG


給油後もすこしだけ回り道で

ナビの充電も済ませたらガレージに戻ってツーリングはおしまい。


a115.jpeg


寒いと遠出をしないため

銀ガメ号さんは冬眠になると思いますが

また出動するときはご乗車お待ち申し上げます。




◆◇◆ Minorist Hibiki ◆◇◆



 ↓ 押して早く暖かくなりますように ↓

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ 九州バイクライフへ
にほんブログ村



nice!(127)  コメント(46) 
共通テーマ:バイク

やばけいツーリング [ツーリング]



今年は後何回走れるかな?と

ぼんやりと考えるような時期のツーリング。


y100.JPG


山の上の方の紅葉は終わって

平地部分がすっかり秋めいて来たようなので

今日は定番の耶馬渓方面へツーリングします。



アグリラインを走って豊前市くらいで

最初の寄り道。


y1.JPG


天地山公園の片隅に茜ちゃんを停めて

階段を上がると鳥居。


y2.JPG


下の道からはこんな風になってるなんて

まったく見えない広くて明るい境内。


y3.JPG


わたしが会いに来たのは

拝殿の裏にある何故かピンクの本殿。


y4.JPG

赤煉瓦とピンクのあまり見る事が無い

組み合わせ。

y5.JPG

罔象女神(みつはのめのかみ)と言う水を司る神様で

女神なのでピンクなのかな?

y6.jpg

ピンクが似合わないおじさん。



女神のいる神社の名前は

甲神社。

y8.JPG


金ぴかの額だけ

最近かけ替えられたかのように綺麗。


y9.JPG


境内の神楽殿に座って

広い空と狛犬の先に見える楓の紅葉を楽しみました。


y7.JPG


んじゃ、ツーリングの続きで

少し走れば耶馬渓エリア。


y101.JPG

道路脇の柿も紅葉しとる。



耶馬渓と言えば

やっぱり青の洞門かな?

y10.JPG


奇岩が並ぶところじゃなく

駐車場が一番綺麗だったりする。


y102.JPG


青の洞門からさらに先へ行って

御霊もみじ


y15.JPG


もう落葉が進んでいたけど

すっごく好きな色付き方かも。


y12.JPG


昼間でもほとんど陽が当たらない

斜面にあるためかここだけ寒いし苔も凄い。


y11.JPG


普段は鹿避けのフェンスで閉ざされていますが

この時期は開けてくれてる。



階段の上には御霊神社があります。


y13.JPG


迂回路じゃなくこの階段を登れば

一直線に登れるんだけど・・・



y14.JPG

苔と角度が怖いので途中でやめとく。



登らずとも美しい日本の秋を

楽しめたし。

y16.JPG


走ってる時より冷えたため

御霊もみじの特設トイレを借りたら

耶馬渓ダムへ。


y103.JPG

綺麗かと思ってたダムサイトの

楓は半分落葉しちゃってた。



でもメタセコイアは今が一番綺麗かも。

y21.JPG


間にある楓の赤も綺麗ですが

メタセコイアの紅葉が主役。


y17.JPG

厳密に言っちゃうと茶色ですが光を透かして

周りが全部オレンジ色に見えるのが綺麗なのですよ。

y18.JPG


恐竜時代から地球上にある植物は

今でも癒しの空間を与えてくれる。


y19.JPG


並木の中に茜ちゃんと置くと

小さなバイクがより小さく感じます。


y20.JPG


道じゃないため

茜ちゃんを押して並木から出たらダムのマイナーな方の道。


y22.JPG


周辺のダムが減水期にありながら

満々と水を湛える耶馬渓ダム。


y23.JPG


ここからダムを眺めるのは初めてだ。



こんな銀杏の樹もある。


y24.JPG

臭くないので雄樹みたい。



ダムより上は一目八景と言って

紅葉の時期は絶対混雑する場所があるため

避けてダムを下ります。

y104.jpg


下って山国川にかかる沈下橋。



意味もなく走っちゃうよね。


y25.JPG


沈下橋の袂に茜ちゃんを停めたら

今日のランチはココとする。



おにぎりを食べた後はスイーツも。


y113.JPG


今日はコーヒーセットを忘れちゃったため

缶コーヒーで食後のゆるい時間を過ごしますが

そうそう。



このツーリングからまたヘルメットが変わりました。


y37.JPG


WINSのカーボンヘルメットに戻ってしまったよ。

(NEWです)



やはり一度カーボンの軽さを知ってしまうと

一流メーカーのショウエイのGT-AIRⅡであっても

カーボンの軽さの快適さを上回る事はありませんでした。


最新のWINSのA-FORCE RSは

インナーバイザーの面積が広くなってたりと

見えない改善がされていたりフィッティングサービスも受けているため

すごく快適。


しかもこっちの方が静か。


たぶんインカムの装着方法がGT-AIRⅡの方は

ビーコムの場合、無理がある装着方法なので風切り音で差が出ても仕方ないかな。



因みにGT-AIRⅡは年を越して

年落ちになる前にとっとと売っ払いました。



新しいヘルメットを眺めながらランチタイムを過ごしたら

耶馬渓方面に来たら寄ってみるつもりだった神社へ向かいます。


y105.JPG


河童のいる雲八幡宮。


y26.JPG

一面まっ黄色の絨毯を期待してたけど

前日の荒天の影響なのかいまいち。


でも河童たちは何時もの様にわたしを

出迎えてくれました。

y27.JPG


小さな拝殿の中には

鬼(般若?)と獅子面。


y28.JPG

無病息災の神様らしいので

健康を気にするお歳と言うもともあってしっかり参拝。



参道を戻って河童。

y30.JPG

普段のわたしと同じポーズの河童とヒビッキー。



相撲好きな河童 ↓

y31.JPG


銀杏の落葉の中でイキイキと過ごす河童たちと

わたしの帰りを待つ茜ちゃん。


y29.JPG


雌株なので落ちた実の香が凄いけど

黄色い秋をいっぱい楽しませていただきました。


y32.JPG


さぁ、これからどうしよう?


気ままなソロツーリングは気ままが過ぎると

次に行くところが白紙で当てがない。



ま、そんな時は小さなバイクの機動力を生かして

知らん道でも走ってみるか。


y106.JPG

地図も見ずに雲八幡宮の先から山に入れそうな道を見つけたので

入ってみたよ。



するとそのうち苔だらけの林道になるでしょう?と

覚悟してたらこんなに明るい道になっちゃった。

y107.JPG


奇岩の景観が続く耶馬渓の中に

こんなユルい風景があるなんてびっくり。


y108.JPG

峠付近で紅葉のトンネルがあったり

高原のような道になったり。

y109.JPG


知らなかったけど

耶馬渓の奇岩の山の上に牧場地帯がありました。


y110.JPG

そういえば地元のスーパーで

耶馬渓牛乳ってみるけど本当に耶馬渓が産地だったのね。

耶馬渓牛乳.jpg


まーーったく牧場のイメージが無かった耶馬渓ですが

ちゃんと牛も居ました。


y35.jpg


開拓の記念碑だと思うけど

わざとリアルに作らなかったのか顔が面白い。


y33.JPG


可愛い。


y34.JPG


この後も山の稜線を牧草地にした

とっても気持ちいの良い道が続く。


y111.JPG


もちろん阿蘇方面などの牧場と規模は比べられませんが

岩山だらけの耶馬渓らしくない風景がとっても新鮮なのでした。


y36.JPG


分岐も気分にまかせて進むと

知ってる道に戻れました。


y112.JPG

もう知らない道探検もしたので

戻る方向へ走ってると知ってる2台のバイクとすれ違った。

y114.JPG


ちびっ子バイクなのでクルんとUターンして追いかけて

再び雲八幡宮。


y38.JPG


いつも行く場所が被るのできっとどこかで

会うだろうと思っていたこうさんともちっこさん。


y39.JPG


大きなバイクと小さなバイクじゃ

行先も変わるだろうからここで情報交換をして

わたしは帰路の続きへ。


y115.JPG


素直に来た道を戻らずに山国川の対岸の道。


y116.JPG


青の洞門の手前で先ほどの雲八幡宮でこうさんたちと

情報交換した川に落ちれる道へ行ってみました。


y40.JPG


本当に普通に落ちれるな。


y117.JPG


でも、こうさんたちは大きなバイクで怖かったらしいけど

小さなバイクだと逆にすっごく楽しいぞ。


y41.JPG


期待を裏切って川に落ちなかった茜ちゃんとわたしは

耶馬渓から出てアグリライン。


y118.JPG


紅葉ツーリングのラストは

わたしの大好きな築城で締めたいと思います。


y43.JPG


航空祭直前の築城のメタセコイア。


y42.JPG


ちょっとだけ日本離れした風景がたまらん。


y119.JPG


メタセコイアの紅葉はイマイチなところもあったけど

綺麗かもしれないところもありそうなので林道探検開始。


y44.JPG


オーー、まっかっかじゃないか。


y45.JPG


黄金色でキラキラしていた耶馬渓のメタセコイアも綺麗だったけど

落葉して森の中が赤くなってる風景も最高。


y46.JPG


わたしの秋の定番スポットを満喫中。


y47.JPG


森から出てもいい。



また森の中に入ってもいい。


y48.JPG


因みにこの林道は

廃線跡でございます。


y120.JPG


森から出たら日が傾いて急に寒くなったため

インナーを着こみます。




茜ちゃんを停めてインナーを着てるところも

すっごく好きな場所。


y49.JPG

一本だけクリスマスツリーみたいな樹があるのが

可愛いでしょ?




築城から今川を越えて

帰ってるいると平成筑豊鉄道と並びました。

y121.JPG

今日はちくまる君カラーだ。



香春町を過ぎると太陽光が真横から。

y122.JPG

小春日和だった1日のサンセットタイム。

y51.JPG


陽が短いのでアッと言う間の1日だったな。



綺麗な夕焼けが茜ちゃんを照らす。


y52.JPG


茜ちゃんの唯一カスタムしている

セクシーポイントがキラキラ。


y50.JPG


ガレージの戻る前に給油して

今日のツーリングはおしまい。


y123.jpeg


1日遊んだけど途中無給油で遊べて

綺麗な紅葉も知らなかった風景も知れたツーリングでした。



では、年内は走るかどうかはわかりませんが

またのご乗車をお待ち申し上げます。




◆◇◆ Minorist Hibiki ◆◇◆



 ↓ 押して日本の秋を楽しもう ↓

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ 九州バイクライフへ
にほんブログ村



nice!(171)  コメント(46) 
共通テーマ:バイク

コスモスに始まりコスモスに終わった響の週末 [ツーリング]



車でドライブの響の休日。


s6.JPG


まだアチラコチラでコスモスが咲いていた10月半ばに

かみさんと長崎県の白木峰高原のコスモスを見に行ってみました。


s2.JPG


親戚のお墓が近くの諫早市内にあって

その管理も兼ねて来てみましたが

良い時期に来れたかも。


s4.JPG


上から見た時は花が全部斜面の下側を向いているのがちょっと残念でしたが

あたりまえだけど下から見るとみんなこっちを向いてくれています。




コスモスの背景に雲仙普賢岳。


s5.JPG

高原からだと間に諫早湾もあるのに

すごく近くに感じます。

s7.JPG

寒くなる前にいっぱい蜜を集める

蜂たち。



虫たちを追ってると

こんな花を見つけた。

s9.JPG

新品種?


めっちゃ可愛い。

s8.JPG

そんな花に囲まれる休日でしたが

翌日は茜ちゃんのスマホホルダーの交換。

s10.JPG


実は前回の大入島ツーリングの初日の高千穂で

デイトナのスマホホルダーの3点保持のうちの

一番折れちゃいけない場所の爪が折れちゃったのよ。


s11.JPG


シリコンの輪っか(スマホの命綱)をちゃんと

上下に付けていたので落とさずに済みましたが

信頼していたメーカーのやつだったのでびっくり。


s12.JPG

振動劣化か?


バイク用なのに?




なので島を巡っている時は

コンビニで買ったヘアゴムで命綱の補強をして使用していました。


s13.JPG


画面が見にくいったらありゃしねー。



Kaedear(カエディア)のホルダーを着けようと思いましたが

未装着の時の存在感があり過ぎてレンタルバイク用に買っておいた

同じデイトナのホルダーを着けて完了。


s15.JPG

今度は折れないでちょーだいよー。



茜ちゃんをガレージから出したついでに

冬を前にオイル交換もしちゃう。

s16.JPG

個体差かと思うけどホンダ純正のG1オイルはニュートラルに入り辛いため

安定のモチュールに戻って来ました。



10Wー40じゃなく寒い時期になるのを考えて

10Wー30にしてみます。


こうして茜ちゃんのメンテもしていつでも乗れるようにしてた

そんな時に銀ガメ号さんの整備が終わったという連絡を受けました。



大阪でトラブった後に九州まで陸送してもらい

不具合場所を交換してもらってようやく迎えに行けるわけですが

ショップまでバスと電車と徒歩で行かないといけないのよ。



う~ん、そんな時はご近所さんに頼んじゃおって事で

ラインでお伺いしたらこうさんが車で送ってくれたよ。

s17.jpg

もちろんもちっこさんもとのじんもくっついて来るわけで

お昼のランチやライコランドや2りん館巡りをして最後にBMWのショップへ。



燃料漏れの箇所はやっぱりタンクからインジェクションまでの

パーツの劣化で無料で交換してくれました。

(陸送代も保険でタダ)←保険に詳しいせっちゃんのお陰


送ってくれたこうさん達にお礼を言って

家に帰るわけですが

そうだ、ガソリンが漏れたままずっと修理まで放置していたんだから

入ってないんじゃねーの?と思い

ガレージに戻る前に給油。

s18.JPG

12リットルくらい入った。


前回の満タンから北九州のフェリーターミナルまでしか走ってないのに(泣)



せっかく給油もしたことだし

ガレージに戻る前にちょっと軽く走ってみました。


だって、フェリーターミナルまで乗ったのが

最後だもん。


走りたいよ。

s19.JPG


とは言ってももう夕方なので

遠くは行けないため

鞍手町のコスモス田んぼへ。


s20.jpg


田んぼにコスモスが咲いてるだけだけど

今年見たコスモスの中で一番の密度で咲くコスモスだったよ。


s21.JPG

マイナースポットなので

誰もおらん。

(夕方だからか?)

s22.jpg


銀ガメ号さんとコスモスを独り占めしたら

寒くなってきたため帰ります。


s23.JPG


ガレージに戻ったら

久し振りにわたしの相棒たちが勢ぞろい。


s24.JPG


一度に乗れるわけないけど

やっぱりガレージにはこの顔ぶれが揃ってないと寂しい。



さぁ、今年はあと何回乗れるかなー?



nice!(102)  コメント(30) 
共通テーマ:バイク

ツーリング2日目(ひょうたん島に上陸編) [ツーリング]



ツーリング1日目はココから



<・m= チュンチュン

Σ・w= チュンチュン



おはようございます。

佐伯市内で目覚めるツーリング2日目。

o1.JPG

今日は佐伯港から出る1便のフェリーに乗るため

のんびりな朝でございます。



1便が7:15って事でホテルの部屋で

前日にコンビニで買っていた朝食を食べて

ホット珈琲で朝のルーティンを終えてから

ゆっくりと港に向かうとフェリーが入港してきました。

o2.JPG


瀬戸内海でよく見る後ろも前もあまり関係ないような

可愛いフェリーと同じ形だ。


o101.JPG

待合室の中でバイクと私を合わせて

400円のチケットを買って乗船。

(安い!)



向かうのか佐伯湾の中にあるひょうたんの形をした

大入島(おおにゅうじま)

ひょうたんじま.jpg

ちょっとひょうたんと呼ぶには

苦しい形だけどクビレで上下に分かれたような島が

今回の旅の舞台。

o3.JPG

久し振りの大好きな島ツーリングの始まり。

o5.JPG

穏やかな湾に船の軌跡を残しながら

非日常の島旅へ。

o4.JPG

と、すっごくワクワクな船旅の様に書いていますが

なんとたった7分程度で付いちゃう島なんだよね。



とは、言っても

初上陸の島はワクワクする。

o38.JPG

案山子に大歓迎されながら上陸したら

島ツーリングの決まり事になっている時計周りで

島を巡りましょう。

o102.JPG

たった7分ので着いちゃうくらいだから

対岸に見えるのは本土です。



まずは島に上陸して最初に寄るのは

港のほど近くにある産霊神社。

o6.JPG


龍の彫刻がかっこいい

神社で島にお邪魔させてもらった挨拶を。


o7.JPG


高台にある境内からは

穏やかな佐伯湾が見えます。


o8.JPG

産霊神社を出て

すこし走るとマップになにも情報も無かった

アコウの木を見つけてしまった。

o9.JPG

「大入島のアコウ」(勝手に命名)


巨木ではないけど

土台の石垣を根が飲み込みかけている

将来有望の株だよ。

o10.JPG


やっぱりわたしはアコウの木から

呼ばれているようだ。



さらに先に進むと

カンガルー公園があります。


o11.JPG

南国風な園内の芝生の中に

ぽつんとカンガルーが。

o12.JPG

オーストラリアのグラッドストン市と

友好の証としてこの公園が作られたんだって。



アボリジニーアートが施されたポールと

カンガルーと響。

o13.JPG

のんびりと過行く島時間。



と、こんな感じで絶景など

特に盛り上がりもなく時々出現する

ちょっと歴史のあるスポット。

o104.JPG

「神の井」


神武天皇が東征の途中で立ち寄った場所で

「水よ出でよ」と告げると真水が湧き出たらしい。



その不思議スポットに至るまでの道が

すっごく気持ちよかった。

o105.JPG


高い堤防で遮られることがない

海が近い道。


o15.JPG

湾内側は波が無いためか

こんな養殖筏がいっぱい。



島らしくイソヒヨドリもたくさんいるよ。

o14.JPG


もちろん島でも隧道が好きだのスポットも。


o16.JPG


ひょうたん形をした島の

一番くびれたところを通るトンネル。


o17.JPG


入口はお化けが出そうな雰囲気だったけど

ちゃんと現役。


o106.JPG


島は大きな湾の中にあるものの

外海に面してる方へ出ると海の雰囲気も変わってきました。


o18.JPG


船の乗客のほとんどが釣り人だったくらいだから

全部良いポイントだらけに感じる。



そんな色んな魚が釣れそうな磯場に

こんな岩があります。

o19.JPG

普通の岩に見えるけど

ちゃんと停まって見ると万葉集の一文が書かれた

岩があるんだよ。

o20.JPG

「紅に染めてし衣雨降りてにほひはすともうつろはめやも」



万葉集の書かれた岩の先にはいままで

湾の中にいたため見えなかった水平線。

o21.JPG


島の先端を回っても美しい海岸線は続く。


o22.JPG

つづくクネクネ道の途中で

何気なく停まった場所。


水が綺麗だなーと思って眺めてるのだけど

あの白いのは何?

o23.JPG


何かの集まりか?



近付いて見ると・・・


o24.JPG

小さいミズクラゲの集まりみたい。


赤ちゃんとまで行かないけど

500円玉大の小さなクラゲが集まって

白い塊になってたよ。

o25.JPG

海が豊かなんだろうね。



島の後半・・・

o107.JPG


途中ポツポツと出て来る小さな漁港。


o27.JPG


漁港のある集落の路地がまた

素敵なのよ。


o26.JPG

住んでるとなんでもない路地の風景かもしれないけど

石垣に座って井戸端会議が似合う路地だ。



そんな集落のある漁港に

必ずいる子たち。

o28.JPG

漁船の中で海産物の選別作業を

じっと見つめる島猫たち。

o29.JPG

あ、気付かれた・・・


島猫から見送られながら

先へ行くとまた隧道。

o30.JPG

島を形成する岩盤を

くり貫いた隧道は荒々しくてカッコいい。

o31.JPG


連続した隧道で

距離は短いけど内部のデコボコが凄い。


o32.JPG

削ったというより割ったような表面。


隧道は荒々しかったけど

そこから見る海は穏やかでした。

o34.JPG

ずっと海の底が見える。

o33.JPG

こうして海をボーっと眺めて過ごせるのも

島ツーリングの好きなところ。



最後は島にあるべき物へ。

o35.JPG

小さな砂浜を歩くと

小さな階段が出現します。



それを登ると灯台だよ。

o36.JPG

名前がカタカナなのが可愛い灯台で

お歳は私とほぼ同世代。

o37.JPG

小さな灯台だけど

青空に映える灯台をみたら帰りのフェリー。

o39.JPG

また400円のチケット買って

短い船旅を楽しみましょう。

o41.JPG

楽しい島ツーリングが終わる・・・



でも、

ツーリングは終わんない。

o108.JPG

佐伯港で九州本土に戻ったら

佐伯郊外へ出てk36で床木ダムへ向かいました。



そのダムに何があるかと申しますと

これ ↓

o43.JPG

遠い?



これ ↓

o44.JPG


ヒビッキーと床木ダムの河童。


o45.JPG

「1日1カッパ」


たまたま草刈りされた直後だったらしく

河童まで行けたけどそれまで藪の中だった河童と響とヒビッキー。

o46.JPG

んじゃ来た道を戻って臼杵までR10を走ったら

R502に入ります。

o110.JPG


島とはまた違う快走路をしばらく走ると

目的地。


o48.JPG


欄干の丸みがすばらしい

虹潤橋。


o47.JPG

大分県にあって

ちょっと熊本県でよく見る形の石橋です。



現在は車両は通れないため

押して渡らないといけないけど文化財に触れれる

素敵なスポットなのでした。



石橋の次は鉄の橋。

o49.JPG

撮り鉄の定番の百枝トンネル。



あ、列車待たないよ

お腹空いたし。

o111.JPG

道の駅きよかわで大分らしく

とり天を食べたら行きたかった隧道探し。



マップ通りに行ってもまったく見つかんない

難易度高めの隧道でしたが

ちびっ子バイクの小回りを最大限に生かして発見。


ここ、凄っ!

o50.JPG

深い切通しから隧道に至るまで

最高に素敵な隧道ではございませんか。



見るからに狭い道幅は

かつては森林鉄道の跡だかららしい。

o51.JPG

むき出しの地層から

トロッコ列車サイズの隧道が異世界感いっぱいで

私のテンションはマックス。

o52.JPG

いや~、最高の探検だったよ。



では、ここからは茜ちゃんでも日帰りツーリングで来れる

エリアに入るためプランニングもしてないし

適当に気分に任せて帰る方向へ走りましょう。

o115.JPG

R422で瀬の本高原方面へ走っていると

真正面にくじゅう連山が見え始めます。

o116.JPG


山が綺麗だったので

より綺麗に眺めれる草原の中を走ってみよう。


o117.JPG


グライダー発着場。


o119.JPG


今日はフライト中だったため

停めれずにスルー。


o120.JPG


停まれないけど

この風景を見ながら走る事は至福の時間だよ。


o121.JPG


ススキとまだうっすらと緑が残る牧場。


o122.JPG


グライダー発着場の広い草原を楽しみましたが

停まれないのはやっぱり勿体ない気持ちになったため

わたしの好きな草原の道へ移動。


o54.JPG

草原からは阿蘇の涅槃像が一望。


その草原の中にある一本道。

o58.JPG


ますます九州Loveになれるところ。


o55.JPG


周りの木々の紅葉はまだだけど

山の上はもう綺麗に色付いてるみたいだね。


o56.JPG

秋晴れで今日登ってる人はきっと

絶景を楽しめたことでしょう。

o57.JPG

ツーリング中なため流石に登山は無理だけど

雰囲気だけでも楽しむため

牧ノ戸峠に登ってくじゅう連山の登山口で紅葉を

眺めてみました。

o62.JPG

う~ん、ステキだ。



登山口でこれだけ綺麗って事は

標高的にこの周辺が一番綺麗な時に来たかもしれない。

o59-2.JPG


例年なら沓掛山くらいまで登ってみたりするのだけど

今日は流石に1泊ツーリングの帰り道なので

体力的に登らず下から観光。


o67.JPG

自然のままの木々が色付くくじゅうの秋。



三俣山が見える場所から。

o61.JPG


周辺を囲むススキがキラキラしてて

綺麗でした。


o63.JPG


九州の秋、最高!


o65.JPG

ヒャッポーー!


では、島も山の紅葉も楽しんだし帰りましょう。

o64.JPG

まだ明るい時間に立ち去るには後ろ髪を引かれるところですが

秋の日暮れはびっくりするくらい早いため

もう帰っちゃうよ。

o124.JPG


四季彩ロードの途中からR387へ抜けて

玖珠町を抜けます。


o125.JPG


明るい時間に野峠から英彦山を下って

わたしの庭に入る頃に夕焼けの時間になりました。


o68.JPG

2日間わたしを照らしてくれてありがとう。


ガレージに戻って

遠征用のバッグから何時もの可愛いバッグに積み替えて

チェーンの注油をしてわたしの島ツーリングはおしまい。



それでは長らくのご乗車ありがとうございました。

またのご乗車をお待ち申し上げます。




◆◇◆ Minorist Hibiki ◆◇◆



 ↓ 島好きは押して ↓

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ 九州バイクライフへ
にほんブログ村



nice!(170)  コメント(38) 
共通テーマ:バイク

ツーリング1日目(天孫降臨の地でオブジェ巡り編) [ツーリング]



響のツーリングの朝は早い。

(寒くなると遅くなるけど)

t1.JPG

夜明けの空気は清々しい・・・・と言うか

もう十分にさみーよ。



10月の中旬をすこし過ぎた頃の早朝ですが

寒気も入ってる予報も出てるため

晩秋から初冬にかけて着るジャケットをチョイス。



夜明けとともに出発したツーリングですが

早朝のコスモスが朝陽を浴びて綺麗だったので

まだスタートしたばかりなのに寄り道。

t2.JPG

道の駅のコスモス園なので

普段なら観光の客がいっぱいいるのだけど

朝が早いので私だけ。

t3.JPG


寒気が入ってキンとした空気に包まれた朝ですが

朝陽を浴びるコスモスを見てると暖かい気分になれます。


t4.JPG

んじゃ、ツーリングしよっ。


再び走り始めたところで今回のツーリングのプランの説明ですが

週末を使って宮崎県の延岡経由で

大分県の佐伯まで走って1泊するツーリングしようと思います。



阿蘇を抜けていくプランにしたため

小石原の峠を越えますが気温8度の中を走ってると

霧の中へ。


t100.JPG

体感温度がまた下がる。


ちょっと前まで暑くて涼しい時間だけ走っていたのに

あー、冬のツーリングってこんな感じだったなーと

思い出すような冬の香を感じながら一番寒い峠を越えました。

t101.JPG

ファームロードを走る頃には

陽も高くなって心地よく走れるように。



寒気の影響で雲が多めながら

やっぱり阿蘇の風景は爽快。

t6.JPG


上空に強い風が吹いているのか

わたしの頭上の雲たちが草原の風を揺らす方向と同じ向きに流れていく。


t5.JPG


風車の無くなった産山牧場を抜けて

波野の広域農道へ。


t102.JPG


どんどん南下するにつれて

雲が減って青空率が高くなっていく。


t103.JPG


広域農道を抜けてR325のループ橋まで来ると

神々が降り立った天孫降臨の山々が見えて来た。


t104.JPG

自然いっぱいの阿蘇とはまた違う

山の魅力がギュッと詰まったエリア。



そして茜ちゃんで初の

宮崎県でございます。

t105.JPG


宮崎県に入ると本日最初の高千穂らしい

オブジェがお出迎えしてくれます。


t8.JPG


踊りが上手な天宇受売命(アメノウズメ)


t7.JPG

岩戸に引きこもったアマテラスさんを

岩戸から引っ張り出した立役者の2柱。

(岩持ってるのは天手力男命)



今日はちびっ子バイクなのでバイパスじゃなくて

旧道へ。

t104-2.JPG

対向車に田舎のスーパーカー。



旧道を走っていると

本日2箇所目のオブジェ。

t9.JPG

銭湯の主と二頭身のウルトラマン。



昔はガンダムも居た記憶があるけど

今はこの2つだけになっています。



このオブジェから少し走ると高千穂と言えばココって場所に

寄ってみました。

t10.JPG

今回は初めて一番有名な場所からじゃなくて

遠い側から渓谷へ入って見ました。

t11.JPG

戻ってくるのが心配になるくらい

かなり谷に向かって下ったら

高千穂峡らしい深い渓谷に辿り着きます。


本来ならこんな渓谷沿いを歩ける遊歩道があるのだけど

災害復旧工事中らしく車道で迂回して

真名井の滝の方まで行くと湧水の池にチョウザメが泳いでいます。

t14.JPG

観光客が餌をやるためか以前に見た時より

でっかくなってる気がする。


滝付近は観光地なため売店もトイレもあることもあって

すこし休憩してから真名井の滝。

t15.JPG

高千穂で一番有名な場所じゃないでしょうか?


めったに観光地にツーリングで来ないのだけど

やっぱり有名になる理由がなっとくの渓谷美。

t17.JPG


深い谷は貸しボートで遊覧できますが

下手くそが操船すると滝の下に入ってびしょ濡れになるんだよ。


t16.JPG

すこし眺めてみたけど

誰も滝の下に入りませんでした。


(びしょ濡れになればいいのに・・・)



来た道を戻って再び柱状節理の谷。

t12.JPG

そこから目線を上げると

3本の橋が同時に見れます。

t18.JPG


一番下の石橋も含めて

全部アーチ構造の橋だよ。


t19.JPG

あー、あの橋の高さまで登らないといけないのかー。

(茜ちゃんは橋の袂のパーキングに停めてる)



朝は冬を思い出すほど寒かったのに

登ると朝の寒さが恋しいくらい汗をいっぱいかいちゃった。



では、ここまではナビも見ずに

フリーで走って来ましたがここからはプランに沿って

散策開始。

t106.JPG

プランに入れてないと一生走る事は無かったような

マイナーな道に入ってしばらく谷を下ると目的地の

隧道が好きだのポイント。

t20.JPG

照明もあって普通に使われているトンネルですが

河岸段丘の崖にあるというのがそそられる隧道なのです。

t21.JPG

「岩、くり貫いてます」感が素敵。


しかも2連の隧道なので

こんな仕掛けも ↓

t22.JPG

たぶん、反応しない(笑)


反対側まで行くと

内部のデコボコが残されていて違うトンネルみたいな演出。

t23.JPG


天岩戸にほど近いところに

こんな素敵な隧道があるなんて天照大神様のお陰か?


t24.JPG


岩戸川が削った崖を再び戻って岩戸神社方面へ。


t107.JPG


まずは岩戸神社東本宮。


t25.JPG


素敵な階段のある東本宮ですが

私が会いに来たのはアメノウズメノミコトのオブジェ。


t26.JPG

この鈿女さん

近付くとセンサーで回り始めるため

ジドリ泣かせな鈿女さんなのでした。

(10秒後に良い角度になる調節が難しいのよ)




次はすぐ近くにある岩戸神社の

アマノタヂカラオノミコト。

t27.JPG

「パワー!」と叫んでいます。



岩戸神社からはk7でどんどん山の中へ。

t108.JPG


どの家もポツンと系な家ばかりの先にあるのが

落立神社。


t30.JPG


岩戸五社に含まれる神社で

ここにも神楽のオブジェが。


t28.JPG

サポート系の神様で

思兼神(思兼命)と言いまして

オブジェは「ねー、赤と黄色、どっちのボールが良いと思う?」と

おっしゃってるように見える。

t29.JPG

本当は天岩戸神楽の

「思兼命が天照大神の神手を取りつれ出し給う舞」



落立神社からは

さらにk7で山奥へ。

t32.JPG


見えて来る風景も

どんどん秘境感が増してくるぞ。


t31.JPG


大分県の県境付近で災害のため通行止になるらしいけど

その手前で鉾神社に到着。



ここの神楽オブジェは

逆さま。

t33.JPG


曲芸してる?


t35.JPG

八鉢と言うらしく

てげキツそうなポーズは

スサノオノミコトが嫁を迎えて喜びの舞なんだって。

※てげ:宮崎弁=すごい)


おねーちゃんを岩戸に引き込まらせた

暴れん坊が落ち着いてくれるんだから

そりゃみんな喜んだ事でしょう。

t34.JPG

逆さまな神さまの後は

ルートも逆さまにして戻った所にある上岩戸大橋を渡ります。

t109.JPG


絶景な橋を渡ったら

谷の対岸の集落の道を走る。


t110.JPG

茜ちゃんでのんびり走るのに最高の道だ。


そんな長閑すぎる景色を見ながら着いた

岩戸神楽のオブジェは目力強め。

t37.JPG

睨んでると言うよち何か我慢してる顔?


そりゃ、そんな重そうなもの持ってるから。

t37-2.JPG

腰やっちゃわないか心配になる。



「大玉命が香久山より榊をひき来り岩戸の前に

飾り給う舞」

t36.JPG

今日は神様に会いまくりの1日だ。


と、言いつつまだつづくけど。

t38.JPG

いやしの風景もまだ続き

わたしのツーリング史上最高に平均速度が低い

ツーリングになりそうだ。

t39.JPG

こんな迂回路もあって

飛ばしたくても飛ばせないけどな。



ランチを食べるなら

そんななんでも無いような風景の中で食べたいなーと

思ってたいたのでちょうど良い。

t112.JPG

今日のランチはココとするっ!


って、どこじゃ?



後日同じ場所に行ける自信が無い

適当な棚田のてっぺんでランチを食べたら

岩戸神楽の最後はこちら様。

t40.JPG

こわっ!


ほぼ鬼。




怖い顔の神様は

今日、宮崎県に入って最初に見たオブジェの

天手力男命。

t41.JPG

「手力男命大幣をい以て天照大神の御岩屋を

探り給う舞」


何故か鶏を従えてる。



天手力男命がいらっしゃる石神神社からは

こんな風景が見れます。

t43.JPG

人々がこぞって訪れる絶景より好きな絶景。


ここでひとまずわたしの岩戸神楽オブジェ巡りは終わり

延岡方面へ向かい走り出します。

t111.JPG

R218は高速の無料区間があるため

前半はほぼ貸し切り。



道が合流し交通量が増えそうなところで

わたしは谷底の道へ移動。

t113.JPG

日之影の谷の道を走ると

出会うのが猫バス。

t44-2.JPG

可愛い苔アート。

t44.JPG

本当に見えないだけで

猫バスが普通に走っていそうな場所なのよね。

t113-2.JPG

引き続き渓谷の道を走ると

廃線日之影線の鉄橋が見えて来ます。

t45.JPG

廃線になってるけど

カッコいい橋。


本来ならそのまま上の国道と並走できていたのだけど

途中で全面通行止の看板が出ちゃったため

上の国道を走ります。

t114.JPG


走り続けると

渓谷だった川がどんどん緩やかに。


t115.JPG


延岡市に入るものの

市街地を避けてR10へ。


t116.JPG


k16からR10に入ると

後は佐伯市まで走りっぱなしだよ。


t117.JPG

国道だけどまるで広域農道のように

誰も走っていない気持ちのいいクネクネ道が延々と続きます。


1時間ほど自由に走り通したら

本日最後のオブジェ。


岩戸神楽のオブジェが最後と書いただけで

本当のオブジェ巡りのラストはカブトムシだよ。

t46.JPG

直川かぶとむしの湯の案内板ですが

リアルで巨大なカブトムシがシンボル。

t47.JPG

西日を浴びるカブトムシを見たら

佐伯市の市街地にあるホテル。

t48.jpg

こんな可愛い絵が描かれたホテルに

お世話になりました。



夜はシャワーを浴びて地の物を求めて街ブラ。

t118.jpg

ひとまず「カンパーーイ」

t119.jpg

佐伯港で水揚げされた魚と

大分県らしい鶏でビールが進む。



しめで飯物を頂き

ツーリングの1日目はおしまい。



ではおやすみなさい。



[2日目につづくかも]



 ↓ 押してくれると2日目も頑張れる気がする ↓

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ 九州バイクライフへ
にほんブログ村


nice!(168)  コメント(48) 
共通テーマ:バイク

タイヤ交換からのツーリング [ツーリング]




1.JPG

今日は茜ちゃんのタイヤ交換。



今迄履いていたダンロップのK180のリアタイヤが

まだ2回ほどツーリングが出来そうですが

わずか2775kmで交換となりました。

7.JPG

コスパわるーーーっ。



山が残ってても時々ズルっとなっちゃうためギリギリまで使わずに

早々に交換します。

8.JPG

色々試して一周回って

純正タイヤに戻って参りました。

9.JPG

新品タイヤに安全のおまじないの儀式をしたら

まずは自分の慣らし。

10.JPG


手短なクネクネ道で

今迄のタイヤで付いてしまった

乗り方の癖を取っ払いましょう。


3.JPG


やはり純正のビーラバーがブロックタイヤの中で一番

ロードタイヤのフィーリングに近くヒラヒラ走れます。



乗り方の感覚が戻ったところで

本当のタイヤの慣らしへ。


20.JPG

青春の門の舞台からスタート。

(判る人だけ判ればいい)

21.JPG


香春岳からアグリライン。


40.JPG


大分県に入ったら

この時期の恒例のスポットへ。


4.JPG


コスモスだらけの三光村コスモス園。


23.JPG


年々細い路地ですら入れず自由に見れなくなっているため

端っこで眺めるだけ。


22.JPG


今年は段々畑のエリアと平地のエリアがくっついているため

例年より広大に感じる。



コスモスだらけの中で

ホウジャクが一生懸命蜜を吸っています。


5.JPG


ピンクの花は無視して

白花だけを狙って吸ってるみたい。


6.JPG

花と虫で癒されたら

食材になる花でも癒されましょう。

41.JPG

蕎麦の花が咲く小路を走って

そば畑の中。

25.JPG


背後には古羅漢の岩山がドーン。


24.jpg

う~ん、美しい。



その奥に羅漢寺と言う耶馬渓の観光地があるのだけど

わたしはその先に道がずっと前から気になっていたので

探検しまーす。

43.JPG

絵に画いたような日本の田舎の風景の中を

しばらく走ると民家も無くなりいよいよ山道の探検の

始まりかと思ったら・・・

44.JPG


まぁ、そんなものか。



んじゃ、タイヤの慣らしと言うか

もう消耗域に入ったため帰る方向へ。



あ、その前に・・・


45.JPG

青の洞門の近くの沈下橋。

26.JPG


タイヤの慣らしと言うこともあって

駆け足のようなツーリングでしたが

ここでちょっと休憩。


27.JPG


すこし遅いランチを沈下橋に座って

足をブランブランさせながら頂いちゃう。


46.JPG


座ってる沈下橋の背後には

美しい石積みのアーチ橋もあるよ。


29.JPG

「羅漢寺橋」



袂ではアオサギが寛いでる。

28.JPG

こんな風景を見ながら

食後のコーヒーを飲んだら再びアグリラインへ。

47.JPG


犀川まで戻って来たら

メインの道から外れて

脇い道へ入るとちょうど平成筑豊鉄道の特別列車のとことこ列車が前を走ってた。


48.jpg


普段、1両の列車しか走っていない路線ですが

レストラン列車になっているため珍しく2両編成。


49.JPG

ヒマワリ畑ととことこ列車。



渓谷の鉄橋を渡るとことこ列車。

30.JPG


路線沿いを走っていると

やがて行く着くのが油須原駅。


34.JPG

路線の中で一番レトロな駅舎が残るため

とことこ列車はしばらくこの駅にとどまるみたい。

31.JPG


タイヤの慣らしツーリングだったのに

ほぼ撮り鉄ーリングみたいになっちゃった。


33.JPG

第三セクターで細々と走っている路線の車両は

企業広告のラッピング車両以外はかなり色褪せちゃった

車両が多いのだけどとことこ列車は艶々した深い赤がすごく綺麗。

32.JPG

最初に列車に追いついた時に前を走っていた

ライダーさんもこの駅に居ます。



しばらく休憩をしていたら

とことこ列車が発車。

35.JPG

本当に撮り鉄みたいな写真で

今日のツーリングはおしまい。

(少女も撮り鉄さんみたいでした)


給油してガレージに帰ったら

タイヤの空気圧を再度確認して次回のツーリングに備えましょう。



新しタイヤでまたいろんな風景が

見れたらいいなと思った響の週末でした。





nice!(111)  コメント(30) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | - ツーリング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。