SSブログ
響の休日 ブログトップ

ホウキグサ [響の休日]



10月の響の休日。


k2.JPG


実りの秋と秋の花。


k1.JPG


今日はそんな秋らしい日に

かみさんとドライブで過ごす1日。


k3-2.JPG

ドライブなので隧道探検も

マイナースポットもございません。

k4-2.JPG

毎年綺麗なコスモスを咲かせてくれる

三光村のコスモス園。

k5-2.JPG

バイクも最近は園の脇に停めて写真を撮るだけで

警備員さんが入らせてくれなかったりとあまりツーリングでは

寄ることありませんが今日はメイン会場で枝豆を買いたいので寄ります。



咲いてるコスモスも遠くから見ると

見慣れたコスモスかと思いきや近くまで来てみると

意外と今どきの品種だったりします。

k6-2.JPG

家に植えるのはこれが背が低いし可愛くていいな。


お目当ての枝豆は九州ではレアな北国の品種の

枝豆太郎で無事に買えたので移動。

(房だけびっしり入った袋を6袋も買ってしまった)



三光村からしばらく田舎道を走って

今しか見れないコキアの紅葉へ。

k7-2.JPG

ネモフィラなど花の時期にドライブする場所として

定番化してる大分県の大分農業文化公園。



今年も綺麗なコチニールレッドに色づいた

コキア(ほうきぐさ)

k8-2.JPG


赤いポコポコが広がる風景に癒されるわ~。


k10-2.jpeg

そんなちょっとメルヘンな風景の中に

わたしだけ違う物に反応してしまう。

(上の写真の中央)



枯草などのゴミかな?と思ったけど

ズームしてみると・・・

k9-2.JPG

カマキリでした。


ユラユラして獲物を狙うタイミングっぽくて

何を狙ってるんだろうと観察してみると

コキアって以外とバッタがいっぱいいるんだね。

k11-2.JPG


狩りは失敗してたけど

わたしの悪い癖でついムシムシ系に夢中になってる間に

かみさんはさっさと先へ(笑)


k12-2.JPG


後はコキアのエリアを

のんびりと一周。


k13-2.JPG


週末なのでそれなりの人出だったけど

なるべく人がい居ないタイミングを見つけて

撮りながら散歩しました。


k14-2.jpeg


最後はコキア風ソフトでスイーツタイム。


k16-2.jpeg


帰り道に10月なのでもしかしたら

ハロウィンのお化粧してるかもと寄ってみた

三毛門駅のデカカボチャ。


k17-2.jpeg

なんにもされとらんかった。

(10月31日の1日限定でお化粧されるらしい)



そんな響の週末でしたが

別の日・・・

k18.jpg


モンキー125(茜ちゃん)が納車される前から購入して

4年間ずっと装着していたバッグがもう洗っても汚れが落ちないレベルまで

来ちゃったため新品に交換。


k19.jpeg

バイクを綺麗に洗ってもバッグだけ

汚いままって言うジレンマから解放。



それと忘備録としてタイヤ交換。

k20.jpeg

ノーマルタイヤ(ビーラバー)は摩耗後半から

美味しさが激減する上に山が残っていても

ヒビも入って来ちゃうため早めの交換。

k21.jpeg

同じ純正でもよかったのだけど

納期が2か月以上かかるって事でモンキー用のサイズが出たばかりの

ダンロップのK180に前後交換。



フィーリングはKSR110の時も履いてたタイヤなので

特に書くことも無いのだけど軽くてヒラヒラ曲がるタイヤだよ。

k22.jpeg

ガレージに帰ったら安心の儀式をして

次回のツーリングに備えましょう。



以上、響の休日でした。




nice!(97)  コメント(28) 

かっぱ寺 [響の休日]


朝まで雨だった響の休日。

10.JPG


道路はまだ濡れたままだし

バイクはあきらめて車でお出かけ。


9.JPG


道が沢になってる場所で

水分補給するカラスアゲハが舞うちょっと涼しい山の中へ

やって来ました。


15.JPG


平地は車から降りたくないくらいの暑さだけど

山の中ではヒョウモンチョウも恋の季節を迎えてるようです。


16.JPG


まだ秋の気配なんて微塵も感じませんが

雨上がりってことでキノコもいっぱい生えていました。


4.JPG

いつもと山域が一緒なため

あまり目新しいキノコは無いけど。

5.JPG


フカフカのコケの中に

ポップコーンみたいなキノコ発見。


6.JPG

大きさもリアル。


7.JPG


派手なキノコを期待して探すものの見つからず

その代わり美しいコケの中に極小サイズのキノコが生えてました。


12.JPG


これはこれで可愛い。


13.JPG


そんなコケの生える森を歩いてると

木々の隙間に動くもの発見。


1.JPG

雉。


開けた場所ではよく見かけるけど

森の中で見るってあまり無い気がする。

3.JPG

ジワジワと近づこうとすると・・・



逃げた。

2.JPG

鳥って頭の位置を変えずに走れるという証明になりそうな

写真が撮れちゃった(笑)


そんな寄り道をしつつ

やって来たのは久留米市にある「かっぱ寺」

17.JPG

バイクじゃないけど

「1日1カッパ」



風鈴のトンネルにぶら下がってるのは・・・

18.JPG

胡瓜だよ。



19.JPG

普通の風鈴より3割増しで涼し気に感じます。

(夏野菜だし)

28.JPG

通称かっぱ寺と呼ばれるお寺は

金剛山大日寺と言ってよく見る本堂があるお寺と違い

2階に大広間がある飲食店のような建物になっています。

20.JPG

玄関を開けるとかっぱ寺と呼ばれることになった

元祖的なカッパが出迎えてくれる。

21.JPG

身体の気になる場所と同じ場所に

水をかけると願いが叶うらしい。

22.JPG

とりあえず頭のお皿にかけると

流れて全身にかかってお得な作戦で。



このカッパの前で靴を脱いで

民家に上がるような感じでお邪魔するのだけど

周りはカッパだらけ。

23.JPG


楽しい。


27.JPG

猫好きなのでちょっと前に猫寺に行ってきたけど

カッパ好きでもあるので楽しくてしょうがない。



2階に上がると女将さんが出てきて

本堂に案内してくれました。


26.JPG

大日如来の真ん前にもカッパ(笑)


もちろんおみくじもカッパ。

24.JPG


可愛い過ぎて箱買いしたくなるぞ。


25.JPG

そんなドライブでしたが

家に帰るとポチってた物が届いてた。

30.JPG


最近もっさり動くノートPCから一体型デスクトップのPCに買い替えたのだけど

付属のキーボードが使いにくいためLogicoolの

キーボードに交換してみました。


31.JPG

アルミ素材と樹脂で重さもあって

なにより端っこにあるジョグダイヤルがかっこいい。



ズームやボリュームをはじめ

色々と機能を割り振りできるらしいけど

それほど使う場面はなさそうかな。

(後日ツーリングの写真を選別するときにズーム機能は大活躍しました)

32.JPG

ロジクールのパンタグラフモデルでは

最上級モデルで手をかざすだけで

バックライトも点灯します。

33.JPG

ゲーミングキーボード以外で

ライト付きってあまり見ないな。

34.JPG

キーのタッチはノートPCのキーを少し硬めにした
タッチで

触らず買ったけどわたしの好みにピッタリでした。

(わたくし完全自己流ですがタイピングは速い方なので意外とこだわる部分なのです)



キーボードのセットを終えたら

本日お持ち帰りしたカッパさん。

35.JPG

カッパが可愛い御朱印と

おみくじ。

36.JPG

3つあるのはかみさんと娘の分。



って事でカッパ寺に行く休日でしたが

また違う響の休日はかみさんと

太刀洗平和記念館へ。


m20.jpeg

開館した年に来てから久しぶりの再訪ですが

お目当ては最近クラウドファンディングで集めた資金で

購入展示された震電(J7W1)のレプリカ。

m21.jpeg


九州飛行機株式会社が製造した海軍局地戦闘機で

胴体の後部にプロペラがあるすごく珍しい構造なんです。


m22.jpeg


実機は試験段階で終戦を迎えてため

実戦に出ることはありませんでしたがとにかく当時としては

構造のアイデアが凄い。



離着陸時のプロペラが滑走路の地面に接触しないように

びっくりするくらい脚が長いよ。



後は前に来たときより寄付などで

展示品がかなり増えていてじっくり平和の大事さをかみしめながら

施設を巡りました。

m23.jpeg

本当はここはついでで

太刀洗町の特産の枝豆の収穫祭に来たのだけど

目的の枝豆は売り切れちゃってて

この平和記念館や道の駅に寄りながらのドライブで過ごす響の休日でした。



あ~、早く丸っと1日ツーリングしたいなー。



nice!(109)  コメント(24) 

幸せの青い蜂を探せ [響の休日]



まだ暑い日が続いていますが

咲いてる花は夏の終わりを告げているそんな8月後半の響の休日。


h.JPG


阿蘇方面はヒゴタイが咲いて

幸せの青い蜂が見やすい時期がやって来ましたが

わたしは近所で探してみたよ。


2.JPG

ケイトウの花には

うらやましいくらい細いウエストの蜂。

3.JPG


白花の方にはハナムグリ。

4.JPG


探している青い蜂ことルリモンハナバチは

ハーブ系の花を好むので蜂を探すより好む花を探してると花壇の中に

カナヘビを発見。


5.JPG


カメラを近づけても

何か一点を見つめたまま動かない。


6.JPG


目線の先を追うと・・・



7.JPG

脱皮した直後の

キリギリスか何かを狙ってるみたい。


しばらく眺めてたけど

獲物が大きすぎることに気づいたのか

カナカナは日陰の中に隠れちゃった。

9.JPG


水辺には真っ赤な子と

ブンブンなクマバチ。


10.JPG


ハナバチなので探してるブルービーと近い仲間だけど

これはこれでフワフワの毛が可愛い。


11.JPG

で、花がいっぱいの場所でいくら探しても青蜂の気配もないので

わたくしの秘密の場所に行ってみました。

(秘密の場所と言うとかっこいいけど早い話が藪なんです)



当たる日とはずれの日があるので

最近は通ってないけど今日は当たりの日でありますよに・・・




すると・・・



12.JPG

当たりの日を引きました。


しかも5~6匹ブンブン飛んでる。

13.JPG


観察してると

個体別で決まった花をいったり来たりしてるようで

見やすい場所には2匹が担当して行ったり来たりしてるみたい。


14.JPG

好んでやってきてるのは

雑草の中でも庭には生えてきてほしくないアレチハナガサの花。


周りにキンミズヒキや甘い香りのする花が咲いてても

この花にしか来ません。

15.JPG


ブルービーを狙うと毎回そうなんだけど

今日は770枚撮ったけどボツ写真を量産しちゃう。

(連写のしすぎてカメラが熱くなる)

16.JPG


花が小さいので留まるのも一瞬。


19.JPG


わたしは毎年このブルービーを追ってるので居ればすぐに

見つけれるのだけど初めての時はたぶんハエかアブと間違えると思います。



パッと見ると青く見えず黒っぽいし

このアングルなんてハエだし ↓

20.JPG


大きさはミツバチの巣に居候してるだけあって

小さめのミツバチと同じ大きさです。


21.JPG


2匹が同じルートをいったり来たりしてるため

たまに一緒になる。


22.JPG

ずっとこの2匹を追ってると違いがわかるようになりました。


ホバリングするビリー君。

23.JPG

このビリー君は移動するペースがやたらと速い。


そして片角のジョニー ↓

17.JPG

ジョニーは青がくっきりして綺麗だけど

誰かに折られたのか触角の片方が切れてるよ。



今年もわたしの前に出てきてくれてありがとうな。



運よく青蜂を見たいと思ったその日に

苦労せず近所で見れちゃったラッキーな日でした。




「おまけ」

※ 集合体恐怖症の方は注意

集合体恐怖症.jpeg

マゴが車が好きなので

娘がクレーンゲームでトミカのミニカーを取るときに

一緒に落ちてくるカラフルなやつがこんなにたまったらしい。

クレーンゲームのゴミ.jpeg

並べてみたけど

たしかに使い道ね~な~。



ルアー釣りに一番はまってる時だったら溶かして

ルアーにしたかも。

トミカ祭り.jpeg

ミニカーの台数も増えたらしく

クリスマスプレゼントはトミカタワーが良いって言われたよ(笑)



以上、青蜂とミニカーな響の休日でした。




nice!(119)  コメント(30) 

猫寺 [響の休日]



「よく来たにゃ~」

ウエルカムにゃ.jpeg


今日はマゴ家族そろってのドライブで

久しぶりに萩にある猫寺(雲林寺)に来てみました。


南部鉄風鈴がいっぱい.jpeg


正面の参道から境内に上がると

たくさんの南部鉄の風鈴の音色が心地良くて

真夏の暑さをすこし忘れさせてくれます。


アマビエ猫.jpeg


数年ぶりの再訪で

今はコロナ対策で本堂の中には入れず

山門脇にはアマビエ猫なんかも増えています。


モデルはかみさん.jpeg

木彫りの猫の被り物もこんな風に簡素化。


でも可愛いしお寺の軒下には

以前の3倍くらい増えた猫たちがお迎えしてくれます。

踊る猫.jpeg


細かい猫コレクションはお寺の中にあるため

見れなくなってしまいましたがこれはこれで楽しい。


軒下は猫だらけ.jpeg


スハホの待ち受けにするだけで

金運があがるといわれていた猫(右端)↓も

ちゃんと拝めれる場所に出てくれています。


ゆるいねこ.jpeg

しっかり手を合わせますが

中にはこんな謎の猫も ↓

アンモニャイト.jpeg

アンモニャイトとでも呼べばいいのか?



壁一面に張られた絵馬も

もうアート状態。

アートだ.jpeg

わたしが書くと河童を書いちゃいそうだ。


猫コレクションがいっぱいで猫寺と呼ばれてるお寺ですが

ちゃんとリアルな猫も・・・

木彫りの猫とリアル猫.jpeg

木彫りの猫と生猫。


自由に鳴らしていいお寺の鐘の音にビビる

マゴをあやしつつ何気なく庭の花を見てるとこんな虫がくっついてた。

スケバハゴロモと言うらしい.jpeg

羽がすけすけのハートマークな虫。


スケバハゴロモと言う虫で

これをメインに探したことなんて無いので始めてみたよ。

ハートな虫.jpeg


暑いのに仲良しな奴 ↓

小さいペア.jpeg


生まれたてのトカゲも居たよ。


生まれてスグのトカゲ.jpeg

小さくても動きが早すぎて捕獲は無理。



で、猫寺のあとは海沿いに出て

ランチになりました。

定番の丼.jpeg

ちょっと混んでいたため

遅いランチになりましたが帰り道にここに寄り道。

メジャーなスポット.jpeg

すっかりメジャースポットになってしまったため

ツーリングでは立ち寄る事も無くなってしまった

元乃隅神社。

暑いけど全部歩いてみた.jpeg

久しぶりに来ると斜面を造成して

大きな駐車場が出来てたりと変化にビックリ。

絶景.jpeg


でもこの眺めは昔のまんまで素晴らしい。


孤島感ただよう.jpeg


季節的に龍宮の潮吹きは見れないけど

海見てテンション上がって奇声をあげまくるマゴを見て

癒されつつもぐったりと疲れた響の休日でした。



そんな休日とは別に

バイクに乗れないながらもバイクときちんと向き合う時間もございます。



ガレージの前に日影が出来る午後を狙って

茜ちゃん(モンキー125)のオイル交換。

今回もイチゴシロップなオイル.jpeg

何時もの苺シロップみたいなモチュール7100で

安く買っておいた買い置きの最後の1本になっちゃった。


円安で値上がりしたので次回は純正のG1を入れるかな。



エレメントなどの交換がないため

簡単に交換を済ませてついでにプラグも交換。

汚れてるだけで全然ダメではなさそう.jpeg

毎回そうなんだけど

見た目は使用感があるくらいでエンジンの性能の差なんて

まったくわからん。



日影で作業してるとはいえ流れ落ちる汗の量も減ることなく

汗かきついでに銀ガメ号さんのオイルも変えちゃおう。

銀ガメ号さんはお得なオイル.jpeg

今回はエレメント交換が無いためこれも簡単。


しかもオイルは4リットルで2990円とショップに持ち込むより

はるかに財布に優しいので汗は出るけど

出て行かないお金があると考えると頑張れる(笑)



って事で楽しいドライブとバイクのリフレッシュで過ごす

響の休日でした。





nice!(120)  コメント(34) 

キツネとウサギ [響の休日]



[7月上旬]


今日は真夏日。


26.JPG

朝から湿度も高くて涼しくないため

バイクは諦めて車で佐賀県に来ています。

27.JPG


やって来たのは佐賀県の神埼町にあるクリーク公園。


51.JPG


農業用の水路が迷路のようになっている

一角にある大きな公園を散策するよ。


52.JPG


探してるのはヒラヒラと

華麗に舞うチョウトンボなのだけど

今年は出会えるかな~?


24.JPG


クリークの中を遊歩道が通っていて

その中には茅葺屋根の資料館もある。


47.jpeg


広いので歩いてるうちに

トンボとはたくさん会えました。


28.JPG

シオカラトンボ♂に

全部赤い奴。

53.JPG


地面には小さなバッタかな?と思ったら

こんなカエルだったよ。


54.jpeg

小さすぎてツチガエルかヌマガエルか区別がつかないけど

とにかくわたしが捕獲したカエルの中で断トツに小さい。

55.jpeg

これだけ小さくてもちゃんとカエルの形してるのが凄いよ。



地面にはこんな可愛い奴がいたけど

木にも可愛い奴が居ました。

14.jpeg


2.5cmくらいの

すっごく綺麗なアオマダラタマムシ。


15.jpeg


名前の通りタマムシの仲間で

小さくてもやっぱり宝石だ。


16.jpeg


結局綺麗な子や小さなカエルとは遊べたけど

チョウトンボとは出会えずあまりに暑いため

山の上に上がって樫原湿原に来てみました。


29.JPG


標高が上がってすこしは気温が下がったものの

やっぱり暑い。


2.JPG

サギソウはまだ咲いてないらしく

初夏に咲くオカトラノオが今咲いています。



湿原なのに雨が少ないためか

数ヶ所ある池塘のような窪みには水が無い池もあって

あまり良い状況ではないものの

キイトトンボはいっぱい飛んでくれていました。

30.JPG

遅咲きのオカトラノオには

ヒョウモンチョウ。

37.JPG


なんとか残ってる水にはトノサマガエルも居ました。


31.JPG


ここでもチョウトンボは飛んでいませんでしたが

ハラビロさん♂。


32.JPG


すっごく黒いハラビロトンボも。


33.JPG


個体差かもしれないけど

この湿原のハラビロさんはみんな小さい。


35.JPG


なので離れた場所にいる小さいハラビロトンボの雌を見ると

ハッチョウトンボの雌と間違えそうになりますが

本物のハッチョウトンボは比べる事もないくらい小さかったよ。


34.JPG

数が激減してるらしくやっと見つけたハッチョウトンボのメス。


大きさは藪蚊をすこし大きくしたくらいの大きさで

最小のトンボにふさわしく見つけるのに苦労しました。


雄は真っ赤で目立つため比較的発見しやすいのだけど

この日は遠くに留まっる子しかいなくて残念。




と、そんな湿原の木道を一周して帰ろうと

林道に出ると林道の先に切り株みたいなのがある。



あれ?



さっきあんなのあったっけ?




帰り道と反対側だけど

歩いて近付いてみると・・・



動いた!



36.JPG


野うさぎやった。



昼間に野性のウサギを見るって

久しぶりだ。



さらに帰り道

こんなレアな子とも出会ったよ。


38.JPG

犬じゃないよね?

吉岡里帆さんじゃないよね?




たぶんホンドギツネの子狐だと思うけど

車から降りると逃げそうなので窓を開けて観察。


39.JPG

北海道ツーリングしてたら何匹も見れる

キタキツネよりも色は地味で昼間に見れることも含めて

レア度は極めて高い。



しかも見てる前でウンチしてるし。

40.JPG

用を足して身軽になったためか

その後は走って森の中に消えました。

41.JPG


今日は朝から生き物多目の響の休日でした。




nice!(120)  コメント(32) 

キノコな日 [響の休日]




梅雨明け宣言された1週間後から

ずっと天気が悪くてフライング宣言だと思いつつ

雨が止んだ後は近所の森でキノコウォッチング(狩りではない)


1.jpg


いつ夕立みたいな雨が降っても良い様に

車でお出かけ。



一歩森に入ると

やっぱり出てる。

4.JPG


名前はわかんないけど

キノコらしい形のキノコ達。


17.JPG


食べるのは知識がないため無理だけど

キノコって形が可愛いし下から見たら綺麗なので

好きなんだよねー。


45.jpeg


腐葉土の中にポツンと生えてたキノコを見たら

苔の生えた場所へ。


46.jpeg


雨上がりなため苔の葉も閉じてなくて

青々して綺麗。



そんな苔を押し上げながら顔を出すキノコ。


23.JPG


生命力を感じる。


18.JPG


並んで生えるキノコに

パラボラアンテナみたいなキノコ。


20.JPG


地面じゃなくても

キノコは生える。


21.JPG


枯れ木じゃないけど

やたらとキノコに纏わり付かれてる木。


22.JPG

生え方は木耳に似てるけど

たぶん違うよね。



7月らしく地面にはネジバナがいっぱい咲いていました。

19.JPG


可愛いベニシジミも居れば

緑な奴も居ます。


50.JPG

たぶんヒメカギバアオシャクだと思うけど

綺麗なグリーンだよ。



あと、油断した頃に出すシリーズ。

5.JPG

ザトウムシの正面(笑)




そんなキノコDAYな休日もありましたが

違う日はかみさんと神楽女湖の菖蒲を見に行きました。

6.JPG


すこしタイミングが遅かった感じがするけど

今年も綺麗な菖蒲を見れたよ。


12.JPG


水辺に咲く花らしく

根元にはこんな子もいます。


7.JPG


カエルに成り立てホヤホヤの

カエル1年生のアマガエル。


8.JPG


カエル好きはカエルを見つけると

捕獲せずにはいられないので直ぐ捕獲。


9.jpg

小さっ!


まだオタマだった名残の尻尾の痕が残ってるね。



カニもいる。

10.JPG


後はアカハライモリも居たけど

網持ってないので捕獲できませんでしたが

よく考えたら花を見に来てるんだった。


11.JPG


高原地帯なのに晴れると蒸し暑さMAXなため

園内の散策は半分まで。

13.JPG


最後は神楽女湖の上を渡る桟橋から

トンボを見て車に戻ります。


3.JPG

帰りは安心院で巨峰のソフトクリームを食べて帰還。


そんなキノコからアマガエルな響の休日でした。





nice!(112)  コメント(28) 

こがえる寺 [響の休日]



まだ世の中が大型連休の真っ只中の頃。



連休に無縁なわたしは連休中は大人しくして

賑わいが過ぎ去ってから遊ぶことにしてるため

お出かけしない代わりに近所を

散歩ついでに花が咲いてる場所を歩いて過ごしました。


k31.JPG


ニョキニョキポンポンが可愛い

坊主頭にミツバチが来てました。


k30.JPG

今が一番盛りのポピー。

k36.JPG
(青いのはヤグルマソウ)


わたしこのポピーの花を見ると花より

不気味に薄目を開けてる蕾を探しちゃう。

k37.JPG

見られてる(=>▽<=)


ユラユラ揺れる花に

働き者のミツバチ。

k38.JPG

水辺の近くまで来ると

近所ではあまり見ることの無いトンボが飛んでいました。

k32.JPG

親近感のわくぽってりしたボディーに

羽にくっきりとした星があるのでヨツボシトンボだと思うけど

湿原などに行かないと見れないトンボかと思ってたので近所にいてくれて嬉しい。



で、水辺が近いとこんな危ない奴もいるので

注意。

k33.JPG

「マムシ」


大嫌いなのでいつも蛇センサーを作動させてるため

運よく先に見つけれたけど踏まなくてよかった。



公園の敷地の端で

子供の遊具がすぐ近くにあったので公園の管理事務所に電話すると

すぐに網を持って若いお兄さんが捕獲に来てくれました。


k34.JPG

どうやって捕獲するのか見てると

ホームセンターで売ってるような子供用の網を2本持って

挟んで捕獲するという捻りもなんにも無い超アナログな捕獲方法だったよ(笑)



後は見てないため焼酎に漬けたのか

人の居ない森に放したのかは不明。


そんな蛇の後で申し訳ないけど

同じく蛇が嫌いだと思うカエルがいっぱいのお寺に

かみさんとドライブ。

k1-2.jpeg

同じ福岡県にかえる寺と呼ばれてる如意輪寺があるのですが

そこのご住職さんの息子様の正法寺。


本家のかえる寺に対して

子供なので「こがえる寺」と呼ばれてるらしい。


カエルの子供はオタマジャクシじゃと突っ込みたいところですが

名前の理由は住職さんの親子関係からなので納得。

k2.JPG


敷地的にそれほそ大きなお寺さんじゃないのだけど

ところ狭しとカエルで満ち溢れています。


k3.JPG


どれも可愛くて縁起がいいので

頭をさすりながら階段を登るよ。


k4.JPG


お地蔵様のように並ぶカエルの

先には握手かえるが待ち構えています。


k5.JPG


バイクや登山じゃない時はわたしはオフモードになってるため

ジドリもしないし三脚も持ち歩かないのでモデルはかみさんで・・・


k7.JPG

めっちゃ握手してるように見えるし(笑)


久しぶりに来たので前からあったのかどうか

記憶が定かではないけど金ぴかの龍。

k8.JPG

龍の口から落ちる水で

苔まみれになったかえる君 ↓

k9.JPG

一番好きかも。



かえるたちに触れ合いながら本堂の前に行くと

シャボン玉がいっぱい飛んでいました。

k10-2.jpeg


そよ風に吹かれて

シャボン玉がフワーっと流れていてめっちゃ綺麗。


k11-2.jpeg

綺麗なのでシャボン玉を撮って見るけど

ピントとか合わせる暇ないしどうやって撮ればいいの?


とりあえずピントを固定して

適当に数打てばシャボン玉の方から

ピントの範囲に入ってくれるのを待つ作戦。

k12-2.jpeg

撮れた。


しかも以外と簡単に。



こうしてカメラのモニターをチェックしてる間も

カエルの口からオートメーションで放出され続けるシャボン玉。

k17.JPG


使い道が無いのは百も承知だけど

ちょっと欲しいと思っちゃった。


k13-2.jpeg


涼しげなシャボン玉もあれば

同じく涼しげな風鈴もいっぱい。


k15.JPG


本堂に上がってコレクションルームを覗くと

やっぱりカエルだらけ。


k16.JPG

中もカエル。


外もカエル。

k18-2.jpeg


そして我が家にもカエルを持ちカエル。


k22.jpeg

おみくじのカエルなんだけど

めっちゃ金運に良さそうなので娘の分も買って帰った

そんな響の休日でした。



nice!(108)  コメント(34) 

大村ドライブ [響の休日]



今日は天気がいいのでかみさんとドライブ。



車の時はツーリングのレポと違って途中に寄った場所もなにもかも

すっ飛ばしていきなり目的地の中。

o2.jpeg

やって来たのは数年前ツーリングでも来た

大村市にある松本つつじ園。

(800円/大人)


o22.jpeg

今年はいろんな花が咲くのが早かったため

4月の中旬にはもう満開でした。

o23.jpeg


メインは小さな花がびっしり咲く久留米ツツジですが

ことしから園内の中央の広場にはネモフィラが咲いています。


o3.jpeg


昨年までは柴桜だったみたいだけど

やっぱり手入れが大変だしネモフィラがあると

女子ウケも良いし躑躅とのコントラストですごく綺麗に見える気がするね。


o4.jpeg

わたしも青い花って大好きなので

来てよかった。

a65.JPG


満開の青い花の海には

虫たちもいっぱい来てた。


o5.jpeg


ビロウドツリアブにハナムグリ。


o6.jpeg


もちろん定番のミツバチもいっぱい。


o7.jpeg

厳しい自然界の中を生きる虫たちも

今の時期はお腹を空かす事は無い気がする。

o8.jpeg

視界のほとんどが青。



そんな青い海の絶景を見ながら園内を奥へ。

o10.jpeg


ネモフィラを囲むように鮮やかに咲く

主役の躑躅のエリアへ。


o11.jpeg

植木屋さんの園なので

これこそプロが咲かせるとこうなるって良い見本。。

o12.jpeg

これだけ満開なのでそれなりに人も多いので

モデルさんを雇って撮る人や逆にカメラマンを雇って

撮って貰う人など様々。

o13.jpeg


ワンコさんたちの撮影会もやってる。

o21.jpeg

撮影用にモフモフの敷物まで用意するのね。


でもワンコたちちゃんも撮影が終わるまで

大人しく並んで待ってるので偉いわー。

o14.jpeg

そして園の端まで行くと

ツツジのナイアガラ滝と名付けられたツツジの渓谷のような

道に出ます。


o15.jpeg


前に来た時も思ったけど

この道がやっぱり一番綺麗。


o16.jpeg


崖にそって隙間がないくらいにびっしりと

ツツジが咲き誇る風景は個人経営の農園とは思えない圧巻の風景だ。


o17.jpeg


滝の名が付くだけあって迫力があるのだけど

人が居ないと大きさがわかんないのでモデルはかみさんで。

(基本休日は三脚とか持ち歩かないので)


o18.jpeg

ここまでよく咲かせてくれました。


園内はここで行き止まりになるため

引き返すことになりますが

帰りはメタセコイアの並み木沿いで戻ります。

o24.jpeg

木陰を歩いて入口近くまで戻ると

お客さんも増えてきたので入れ替わるように外へ。

o25.jpeg


入場口の横で売ってるソフトクリームを2人で食べながら

大村でランチを食べた後はまだガラスの砂浜ってあるのか?って

気になっていたので寄ってみました。


o26.jpeg


まだちゃんとあって

人もいっぱい来てる。


o27.jpeg

砂を入れる代わりに資源のサイクルのためガラスチップを敷いて

環境改善の試験をするための砂なんです。



ガラスのビーチの後は諫早にあるお墓の草取りをして

のんびりとドライブしながら帰った響の休日でした。




nice!(147)  コメント(38) 

トカゲがまどろむ日 [響の休日]



ソメイヨシノが終わって

八重咲きのぼたん桜が咲く頃。


a75.JPG


今年はまだやっていなかったムシムシ探しで

マイフィールドにお出かけ。


a58.JPG


道端ではないけど

公園ではヒヤシンスが綺麗に咲いていました。


a59.JPG

この花を見ると小学校のときに水栽培したのを思い出す。


見上げるとハナミズキも満開。

a62.JPG

これは紫陽花はまだ早いので

オオデマリかな?

a63.JPG


園芸種にはなかなか虫たちが居ないので

雑草エリアを探すとバッタ。


a60.jpg

まだ小さいね。



a61.JPG


ツマグロヒョウモンを追いかけて

新緑の森の中へ。


a66.JPG


1年で一番すきな風景。


a72.JPG


そんな眩しい緑の木漏れ日の中で

綺麗な子が日向ぼっこをしていました。


a70.JPG


日向が心地いい日って人も気持ち良い。

(日焼け注意)


a71.JPG

チタンブルーのような色の尻尾が綺麗だ。

k39.JPG

こっちは地味だけど

可愛いカナヘビくん。


そういえば今年の藤は咲くの早かったなー。

a85.JPG


例年はGWくらいが満開なのに

今年はソメイヨシノが散り始めるくらいに咲き始めちゃった。


a76.JPG

なので藤をメインに見にいくツーリングも

ドライブもしてないよ。

a67.JPG


有名スポットではないけど

小さな藤棚に行くと甘い香りとクマバチのブンブン羽音を聞くと

初夏を感じる。


a68.JPG


藤棚からちょっと森の中に入ると何か咲いてる。


a79.JPG

チゴユリでもないしイチゲの仲間かな?


こっちはわたしが好きなナルコユリ ↓

k35.JPG

下から覗かないと花が見えない

恥ずかしがり屋のわたしと似てる。


そんな森の中で

今年も見つけた!

a77.JPG

ギンリョウソウの密なやつ。


ほんと幽霊みたいで不思議な花だ。



ギンリョウソウも探すと見つからないレアなやつだけど

同じくレアなヒメシャガ。

a78.JPG

日影には普通の白いシャガがいっぱい咲いてるけど

これってなかなか見ないよ。



と、可愛い花で油断させといて・・・

a73.JPG

ケムケム。



1m離れるとどこにいるのかわからないタテハチョウ。

a74.JPG


羽を広げてくれないので

種類はわからん。


a80.JPG

カマキリモドキ?

ハムシの仲間?



すごく小さい赤い奴見つけたり

逆さまで移動するゾウムシを見つけた。

a81.JPG

オジロアシナガゾウムシかな?


よく見ると葉っぱにいっぱい生まれたばかりの

ケムケムが付いてるね。



森から出て再び雑草エリアに出るとよくみるシジミチョウ。

a82.JPG

蝶の後ろになにかの虫も飛んでた。


小さなオオニヌノフグリに留まってるけど

蝶のサイズが小さいので花の大きさとバランスが取れてる。

a83.JPG


そろそろ油断したかな?


a84.JPG

最後にイエローラインがくっきりなケムケムで

今日のムシムシ探しはおしまい。




週末・・・

a86.JPG


マゴちゃん連れて市内の公園に

どこでもドアを見に行きました。


a87.JPG


各地にあるけど神出鬼没だね。

(だからどこでもドアなのか?)

a88.JPG

市内の金比羅池が見える丘の上にドアが出没したのだけど

ちゃんとタケコプターまであるよ。



そんな新緑の響の週末でした。




nice!(94)  コメント(24) 

春の休日 [響の休日]



まだ桜の開花の宣言も出てない春の休日。



ブロッコリーの畑がブロッコリーの花畑になりました。

h1-2.jpeg

産地に広がる畑が黄色い花畑になると

菜の花のよりも先に春を感じる響でございます。



今日は特にテーマとかありませんが

外の陽気が気持ちいのでウロウロしてみます。



遠賀川河口にいる渡らない白鳥。

h2-1.JPG

その白鳥と同じ水鳥仲間の

イケメン君。

h3-1.JPG

カイツムリ好きなんだよー。



でもすぐに潜っちゃう。

h4.jpg

水中で泳ぐの得意なので

DNA的には水鳥の白鳥よりペンギンの方が近いんじゃのかな?



福智山の近くに移動して

春らしい花。

h17-2.jpeg


河津桜は終わってソメイヨシノはまだって時期に

綺麗な桜が咲いていました。


h21-2.jpeg

品種はわからないけど満開で

馬酔木も満開。

h5-2.jpeg


なにかの新芽も

モフモフで可愛い。


h18-2.jpeg


遅咲きの梅には

メジロも来ていました。


h6-2.jpeg

横向いてるけどしっかりカメラ目線。



前に見た時より花が大きくなったミツマタ。

h7-2.jpeg

それと暖かいので

ブルービーに会えないかな~と思って

咲いてるハーブの前で見張ってたけど来ない。


h8-2.jpeg

まだ寄宿してるミツバチの巣の中で

寝てるのかな?



ブルービーを期待した初夏のような陽気だったので

水辺に移動して座ってるといろんな鳥が来てくれました。

h9-2.jpeg


カワラヒワにヤマガラ。


h10-2.jpeg

一瞬でいなくなるけど

しつこく待ってるとミヤマホオジロも来ました。



見つけれるかな ↓

h13-2.jpeg

単体で見ると黄色いモヒカンの頭とか鮮やかだけど

地面に降りると景色の中の溶け込み方が凄い。



いつでも見れるヒヨドリ。

h11-2.jpeg

庭木の実とか行儀の悪い食べ方をして

嫌われてるけど必死で生きてる仲間。

h12-2.jpeg


川岸にある岩には

シジュウカラがやってきました。


h14.JPG

苔をツンツンしてる。


h15.JPG

苔をくわえた。


巣作りの材料にするのかな?


そんな季節だもんね。



背後から落ち葉がカサカサと音がするので

振り返るとシロハラでした。

h20-2.jpeg

君はいつも地面にいるね。


その地面には発芽したドングリがあったよ。

h16-2.jpeg

どうか大木に育ちますように。


では名前もしならい桜の樹の下へ。

h19-2.jpeg

ブンブン飛ぶミツバチでも撮ってみようと近付くと

アカタテハも来ていました。

h24-2.jpeg

桜の花の蜜は

虫たちにとってはご馳走なんだね。

h22-2.jpeg


満開の桜の枝の隙間から木の中に入ると

ミツバチの巣の中に顔を突っ込んだような

羽音に包まれる。


h23-2.jpeg

仕事してるのに邪魔してすまん。



そんな初夏の陽気のお散歩でしたが

帰り道に痛恨のミス。



キリ番撮影しようと出発する時は

覚えてたのに・・・・

h25.JPG

111111km逃したーー(汗)



バックしてもダメだよね?



そしてどうして気づく時って

直後なんだろう?



10kmくらい先に行ってたら

あきらめがつくのに。



そんな響の休日でした。



nice!(148)  コメント(38) 
響の休日 ブログトップ